My Music Life ~広がる日常~    周南市のピアノ教室にて

joyfulmc.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

障子張り

a0203987_15292419.jpg

夏の間、裸になっていた障子戸に、とうとう障子を張った。
張ったのは、旦那さん。
なかなか、上手(^^)
障子紙の表と裏、室内への向きなどあれこれ考えながらの作業・・・
張った後は、気持ちもスッキリ!!
[PR]
by musicland-2011 | 2013-12-25 15:42 | Comments(0)

国営備北丘陵公園

a0203987_22105475.jpg
a0203987_22115970.jpg

[PR]
by musicland-2011 | 2013-12-24 22:14 | 旅行 | Comments(0)

クリスマス会

ピアノのクリスマス会をどうしようかと・・・
以前、習っていた子を招待したりしていたが、今年は少人数。
お友達を、連れて来てくれた。
お陰で、賑やかな会になった。
演奏したり、ゲームをしたり、
後は、茶話会(^^)
ピアノの先生というのは、近づきやすい距離、本音を聞きやすい位置にいるのかも知れないと、時々思う。
お母様と仲良くして、一緒にお子さんの成長の手助けができれば、本当に嬉しいのだが・・・
後一歩が、出てこないことが多い!
この会が終わって、いつも心に蟠っていたことが少しはっきりしたような気がした。
自分はやっぱり、この仕事が好きなのかも知れない。
子供の笑顔・音楽に触れ合うことが楽しい!
[PR]
by musicland-2011 | 2013-12-22 17:47 | レッスン | Comments(0)

マリさんのブログ

ピアニスト、熊本マリさんのブログに、自身の手が載せられていた。
マリさんも言っておられるように、小さな手だった。
私より小さい?
小さな手でも、憧れる演奏♪
きっと、心の強い方なのだろう・・・
また、生の演奏が聴きたくなった!!

それから・・・
『おもしろいと感じる』ことは、積み重ねた人が思えるのかも知れない。
よく聞かされる言葉だが、何事も苦難があって喜びが増すのかも?
そう考えると、上達は甘くないな~
[PR]
by musicland-2011 | 2013-12-19 11:26 | 音楽 | Comments(0)

新車と牡蠣

a0203987_1635515.jpg

ノアのパールホワイトを購入したので、家族で宮島までドライブすることになった。
運転席には、長男。
運転者が多いと助かる。
かつてはチャイルドシートに座っていたのに、座席の交替が頼もしい(^^)
宮島に行く途中で牡蠣料理のお店『14番目の月』に寄った。
早めに着いて正解!
後ではたくさんの順番待ちの人。
この時期に食べる牡蠣は、やっぱり美味!!
贅沢な時間。
[PR]
by musicland-2011 | 2013-12-17 16:44 | 旅行 | Comments(0)

温泉嫌いの私が・・・

a0203987_196468.jpg

願成就温泉へ
湯治を以前から勧められていたのだが、温泉の湯は私には熱すぎるし、裸の付き合いも・・・
いろいろなものを試してみたが、最後はこれかな?という思いがあった。
前回、頑張って長湯しすぎたので、今回は湯冷めにも気を配り・・・
ここの湯は、冷泉があるので私向きのよう。
しかし、いつもひとりの行動には不安もある。
たくましくなりつつ、あるかも?
[PR]
by musicland-2011 | 2013-12-12 19:08 | 癒し | Comments(0)

『夢を売る男』

たまには、活字に触れないと・・・
今、話題の百田尚樹さんの本を読んだ。
推理小説でも読んでいるかのような、ドキドキ感。
人の持つ野心の見え隠れが愚かにも恐ろしくも感じられた。
どこかで自分が頂点にでも立てそうな、そんな正しく『夢』に気付かないいままの姿が、他人からは冷静なのだが。
編集部長の牛河原の言葉が、人の心の裏の裏まで小説を通じて著されているようで、私も過去のいろいろな欲深さを考えた。
この本の作者が、よく見ていたテレビの『探偵ナイトスクープ』の放送作家だったとは・・・
隠れていた才能?
しかし、『夢』も追いかけなくなると人は寂しいもの・・・
もしかして、私も夢を買って貰っている時があるのかも知れない。
そして、それ事態に自分が気付いてないのなら、恐ろしいようでもある。
[PR]
by musicland-2011 | 2013-12-11 17:13 | 読書 | Comments(0)
一度は小曽根さんの生演奏を聴いてみたい!と以前から思っていたが、昨夜現実となった。
一部は、小曽根さんのソロ、二部はブランフォード・マルサリスさんとのコラボでの演奏会が文化会館であった。
舞台から登場と思いきや、客席の後方から小曽根さんがかっこよく出てこられ舞台へ・・・
いつの間にか演奏が始まり、ジャズの世界に引き込まれた。
その時が、海外の街の姿が浮かぶように感じた。
演奏は、どこまでが即興なのかというくらいに凄くて、そして本当に音楽に自然に向かい合っていると言うか、対話していると言うか、魔術師のようにも思えた。
和音の響きが素敵過ぎて、いったいどうやったらこんな演奏になるなのかと・・・・
こうなると、拍手のタイミングも難しい!
リードしてくれる方に、導かれる。
ジャズだけでなくクラシックの曲(ラベル)の音色にも、魅了され・・・
小曽根さんは「子供の頃の、あるコンサートで衝撃を受けた!」と言われていたが、それが今、こんなにも広がった世界に繋がるなんて・・・
マルサリスさんとの会話(勿論、英語)も自然。
アンコールのクリスマスの曲は、「キーは勝手に決めて!」とマルサリスさん!!
帰りは絶対にサインを貰おうと、CDを買ってならんだ。
また、このCDが素敵だった(^^)
『Rodo to Chopin』
[PR]
by musicland-2011 | 2013-12-07 17:41 | コンサート | Comments(0)

冬野菜

a0203987_18374438.jpg

実家でたくさんの野菜を貰った。
白菜、大根、春菊・・・
冬の料理を思い浮かべると、心も温かい(^^)
それにしても、よく出来ている!!
[PR]
by musicland-2011 | 2013-12-05 18:43 | 料理 | Comments(0)

嬉しいお客様

『いつでも遊びに来てね!』と何度か挨拶をしていたが、暫くご無沙汰のままになっていた。
縁とは本当に不思議なもの!!
人生の中で、どの人と深く付き合えるかは未知。
急に親密になる場合もあるから。
今日は、私の車が見えたからと、ふらっと寄ってくれたらしい。
訪ねて来てくれて嬉しかった。上がって貰ってコーヒーを飲み、話をした。 「次回は、何処かに出かけて元気になろう!」という計画も…
嬉しい気分、心も温かくなった。
[PR]
by musicland-2011 | 2013-12-04 20:51 | Comments(0)

周南市の山奥でピアノを教えています(^^)


by 山のなかの音楽教室